藤田嗣治展とおべんとう展

f:id:girlsundpanzer555:20180814164920j:image   f:id:girlsundpanzer555:20180814165134j:image

見る前にはかけ離れたもののように感じていたので、一緒に観ることに結構な違和感があったのですが…

まずは、藤田さんの絵をみて、それからおべんとう展を観るか?!考えよと思っていました。

藤田さんの展覧会には必ず(たぶん)登場する手仕事の展示…

絵もさることながら、この手仕事の作品が大好きです。

奥様にクリスマスプレゼントとして作られたお皿…実際にお二人の食卓に登場したそうです。

どんな料理がのっのだろう?…と、想像してワクワク。

そして、次にうっとりするのが 宗教画です。

とても勢いがあり、生き生きとしていて、それでいて清らかです。

カトリックの洗礼をずっと受けたいと思っていた…

なぜそのように感じていたのでしょうか。

フランスで長年暮らし、土地に染み込んだカトリック信仰を、素早くパリを理解した藤田さんですから、素早くこれなしにはフランスを語れないと、この地に骨を埋めるならば…と思っていらっしゃったのかもしれません。

そんな、生活に活用された道具も丁寧に描かれたり、手作りされたりした藤田さんの絵をみた後は、おべんとう展はふさわしい!と思い、楽しんできました。私たちを取り巻く、食ということ、そして、お弁当の本当の役目、その心、とてもよい展覧会でした。

藤田さんがいらっしゃったら、とても楽しまれたことと思いました。

なんだか、ニヤニヤしながらの観覧になってしまいました。

 

以前、地元であったレオナール藤田展の図録もあるので今回の図録は買わない!と誓って家を出たのに…

弱い私の心は、最後の最後に手にしてしまいました。

でも、どちらもとてもよい思い出になりましたから、後悔はしていません。

 

藤田嗣治 手紙の森へ <集英社新書ヴィジュアル版>

藤田嗣治 手紙の森へ <集英社新書ヴィジュアル版>

 

 

エドワード・ゴーリー

八王子夢美術館エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展に

行ってきました。

 

不幸な子供

不幸な子供

 

ちょっとシュール、怖い感じもする…

だけど、ひかれる…

いいんだろうか?と…

彼の言葉で気になる言葉がありました。

「みんな、不安になった方がいい」

本当はみんな、いつも何かしらの不安の中で生きてるのかもしれません。

少なくとも、私はそう。

流されるままに、どんぶらこ、どんぶらこと生きてきたっていう人もいると思います。

でも、いつだって心の中を探したら不安があるかも?

歳をとったらその不安って、先が見えてる分だけ軽減されるのかな?って思っていましたけれど…されません。さらに増し加わるという人もいらっしゃるみたいですが、増し加わりはしませんでした。

減った分だけ、また増えたような。

若い頃、歳をとったらこの不安は無くなるんだろうな…と思ってたはずのものがまだ、のこっていたり。

でも、不安は悪いものではないと、どこか確信しています。

それは、若い頃とは全く違うような…

若い頃は、その不安を拭い去りたかったり、ある時は逃れたかったり、でも、今は好奇心に変わったり、大きなものとかかわったり、つながったりするきっかけにもなるので、見つめて、あたためたりするものに 変わったように思います。

 



シュタイナー著書作品群

この頃、読んでいるのはシュタイナーの著書ばかり。

難解なのと、分野が多いという事があるのですが、読んでいる途中、サッパリ分からなくなったり、スゴく納得がいったり、だから、これはとうだ?これならどうだ?と読んでしまうし、買ってしまう。一見これは、無理だろうとした本も、じっくり腰を据えて読むと理解できたり、これは大丈夫だろうと読んでも、迷宮入りしたり、こちらの体調や、心持ちなどもその影響があるのかもしれない…と思ったりします。

読み慣れていらっしゃる方に、「わかりやすい本はどれですか?」なんて、答えが想像できる質問をしたら、やはり想像できる答えで「簡単な著書はない」と…

そして、このゴールデンウィークは、アントロポゾフィーの講演会へ出かけてみました。

人のいない東京へ。

 

なんでも、江戸ではシュタイナー著書の読書会があるとか…

羨ましい…

参加すると、解説もあるそうで、なんともこの距離が歯痒い、せめて静岡在住であれば参加出来るのに…と…。

 

というわけで、本当に理解したいと、難解って人が作るのだけど、人間って少しくらい難しい方が熱中出来る、困難克服が人間の心理なのだと言う人はたくさんいたけど、怠け者系の私はこりゃダメだと、尻尾を巻いていていたけど、今回は、なんだか無性に分かりたいのでした。

 

f:id:girlsundpanzer555:20180506102112j:image

 

ロビ2製作中

 

ロビ2    14号 [分冊百科] (パーツ付)

ロビ2 14号 [分冊百科] (パーツ付)

 
ロビ2   13号 [分冊百科] (パーツ付)

ロビ2 13号 [分冊百科] (パーツ付)

 

先々週、よく行く書店にロビくんがやってくると知り、結構なタイトなタイムスケジュールだったのですが、出かけました。

ちょっと、距離をとりながら・・・なにせ、誰もそばにいなかったので、

子どもとかがそばでロビくんと遊んでいたら、近づきやすかったのですが。

仕方ないのでウロウロとあちこちを見ながら様子をうかがいながら

近づくと、踊ってくれたり、立ち上がってくれたり、とても可愛い。

どうなんだろう?はたして本物を見ても可愛いと思うだろうか?

どうして、どうして、かなりの可愛さだった。

お祭りのハッピを着て本当に可愛かった。

出来上がりまでの、総金額や、組み立てられるのか?という不安を持ちながら、

なんという質問をすべきなのか?わからぬまま、可愛い!!!と

発しました。そうすると、定期購読予約を勧めるべく店員さんは

即座に「組み立て代行」っていうのがありますよ・・・と

まさか!!!自分で作ってなんぼ可愛さも増し増しなのに・・・

知らない誰かが組み立てた子だって、可愛いに違いないが、

半減間違いなし!!!

おばさんだから?めんどくさがる?老眼だから?細かい部品を無くす?

などと、被害妄想を振り切り、誰にも言わずに組み立て切って、

「ああいうの組み立てる人の気が知れない・・・」と

話題になった時に、「私、組み立てたよ、ホラ・・・」と

見せてみたい。ぎょっとされたいかもしれない・・・と

変なモチベーションが出てきて、

買ってしまいました。

申し込んでしまいました。

で、すでに14号まで出ているのですが、現在6号まで組み立て完了。

組み立て方もとてもわかりやすく解説してあるので

サクサクと組み立てられます。

はい、おばさんでも・・・

 

ブログを書くことが全然習慣化しない件

 

2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!

2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!

 

 最近、こんな本を読みました。非常に私にとっては珍しい本です。

最近、本を読めなくなって、寂しかったので、ある心理学の人が書いていた

カフェで読むをやり始めました。するとあーら不思議、本当にスラスラ読める。

雑念がシャットアウトされてるんですね、きっと。

楽しく、ホーホーと読みました。

結構、人のブログを読みます。

最近、ミニマリストの人のブログをよく読みます。

ホーホーと読みます。

日常生活が好きだから、ミニマリストの人は生活を書いてくれていて

画像も載せてくれているので、さらに具体的に想像できて楽しいです。

「もの」というのは、持ち主のいろいろなことを語っていると思うのです。

例えば、バッグの中身をインスタグラムにあげているのなんかを見るのも

好きです。人の暮らしが見えるからです。

でも、TwitterInstagramFacebookも結構自分で投稿するのは苦手です。

でも、なんか時々、発作のようにこうして発信したくなる時があるのです。

そんな時は、やっぱり自分が充実していて充足感があって満腹な時です。

たいして、すごいことは起こりません。

嫌なこともこれくらいのことは皆んなしたことがある思いだろうとか

おもうくらいのものです。

自分の書いてることは誰も見ていないし、

誰かが興味を持ってくれることも期待しないわけで。

ただ、本当にゆったりした気分な時に書きたくなります。

すごくたくさんの人が見る可能性があるこういうブログとかに

自分を置いてみて、何かを味わっているんだろうなと思います。

本当に更新することがないので、ゆったりした気持ちになることが少なかったりするの

かもしれません。

書きたくなることがあっても、1万キロの彼方からLINEで電話がかかってきたり

そうすると、今日のエネルギーはなくなって、おやすみに入ります。

というわけで、毎日毎日書く理由もないので、強いることも強いられることも

苦手で、モチベーションがないので習慣化しません。

 

ゴールデンウイークは江戸へ2

f:id:girlsundpanzer555:20170506195409j:image東京東京都美術館バベルの塔展へ、国立西洋美術館シャセリオー展へ

1日に2つ美術鑑賞はやはりハードでした。上野まで来たから…と欲張り後悔…。

バベルの塔展はとにかくすごい人、人、人。

ブリューゲル、ボスを始め、16世紀のネーデルランドの版画なども観ることができました。

これらの作品は、とても細かく描写されているのが特徴なので3列後ろからの鑑賞はなかなかの眼精疲労でありました。

以前、ルーブルに行った時はネーデルランド作品群が北ヨーロッパ作品展示がしてあったとおもいます。確か2階のリシュリュー翼の人里離れたところ…誰も居なくてゆっくりと鑑賞できた事を思い出しました。

バベルの塔旧約聖書の中のお話…、外国語を学ぶときにいつも思い浮かぶ話でもあります。

言葉が統一されたらどんなことになるんでしょうか?便利のような気もしますが、こんなに長い年月、違う言葉で各々の文化ができあがり、その中で生活して来たのですから、なかなか難しい事もいろいろあるかもしれません。

しかし、もし、一つになれるのだとしたらどのようになるのか?見てみたい気もします。

ゴールデンウイークは江戸へ

f:id:girlsundpanzer555:20170504220023j:image今まで何度も行こうと思っていましたが、開館しておらずずっと残念に思っていました。開いててよかった。

江戸時代へタイムスリップ…

民藝哲学にも触れました。

そして、ご近所の日本近代文学館

谷崎潤一郎さんの展示でした。

細雪は高校生の時に読み、その世界に浸ったのを思い出しました。陰翳礼讃はごく最近読み、ナルホド…と少し家の照明の照度を落としたくなりましたが、落とすと見えなくなるものが沢山あり、あきらめました、が…見えないなら見えなくていいのか?見えるものだけ見て、見えなくなって行くものを諦めればいいのか?と考えていましたが、家人に何も見えなくなる!と反対されて、我が家の陰翳礼讃運動はあっけなく解散いたしました。

日本文学に立ち返り、その素晴らしさに浸りたいと思います。

手始めに、谷崎潤一郎さんの展示と共に川端康成が見出した作家たちも同時開催、その中で紹介されていた梶井基次郎さんの作品から…

 

同館のカフェBUNDANで食事をしました。そぼろカレーを注文、サラダが添えてあり、深みのあるとてもとても美味しいカレーでした。

f:id:girlsundpanzer555:20170504235836j:imagef:id:girlsundpanzer555:20170504235900j:image沢山の本の林の中で幸せなひと時、いつまでもいつまでも留まっていたい落ち着いたカフェでした。

また、立ち寄りたいと思います。